盆踊りについて

どこか懐かしさを感じる、遠くに聞こえる音頭、太鼓や笛の音。妙な安心感、そして高揚感…。
おそらく、日本人なら誰もが知っている「盆踊り」。
日本三大盆踊りと言われる、秋田県羽後町に古くから続く「西馬音内の盆踊り」(にしもないのぼんおどり)。国指定重要無形民俗文化財にもなっている岐阜県「郡上踊り」。
そして400年以上の歴史をもつ四国徳島の「阿波踊り」。その他、全国でもその数約500以上と言われています。

その起源は約500年前からとも言われ、霊を弔う、豊作を祈る、ことから始まったと言い伝えられています。日本全国、地域毎にそれぞれの成り立ちや特徴を持ち、多くは浴衣(または日本ならではの衣装)を着て踊り回り、歩く。そんな、まさに日本の代表的な「文化」のひとつともいえる「盆踊り」。

誰でも気軽に参加でき、さらに老若男女、様々な出会いの場でもある「盆踊り」を、より多くの人が楽しみ、学び、体験することで生まれる「輪」や「和」。

私たち日本盆踊り協会は、そんな「盆踊り」のさらなる発展に少しでも貢献できるよう、今後も誠実、且つ真摯に、そして明るく楽しく活動していきたいと考えています。